マットハーワース紹介

Matt Hurworth

Matt Hurworth(マットハーワース)は20年以上前にシャドウシェイパーとしてシェイプをスタートした。

数年後、オーストラリアのサーフボード工場老舗のShaping Co にて自分のオリジナルデザインをシェイプし始めた。すぐに頭角を表し、メインシェイパーとなった。

2004年頃から本格的にChippa Wilson(チッパウィルソン)の使用するボードのシェイプを始め、チッパはマットのボードにのめり込むことになる。

元々コンペティターだったマットは、ハイパフォーマンスボードのイメージを強く持っていた。

パフォーマンスの強いボードがフリーサーファーであるチッパのサーフィンをもう一段階ステップアップさせた。

チッパのフリーサーフィンの自由度を残しつつ、ドライブのパフォーマンス性を高めたサーフボードが次々とヒットした。

マニューバーが次から次へと進化する現代サーフィンにおいて、パフォーマンスのマットとフリーのチッパからオリジナリティ溢れる最先端のサーフボードが作られる。

2012年、マットは独立し、メインライダーにチッパを迎え、MH SURFBOARDSにてさらに進化したサーフボードをシェイプし続けている。


css.php