「マットハーワース」タグアーカイブ

CABA’S BIG BANG

キャバリタで毎年行われているCABA’S BIG BANGに行ってきました。

キャバリタはチッパとMHの地元。

地元に貢献したいとチッパとMH2人で主催、キャバリタボードライダーズ協力のもと行われているイベントです。

チッパらしく、通常のコンペよりはアグレッシブさに重点をおいて競われています。

一日目は波も小さく北風だったので、キャバのバックビーチで開催。

入り口にはチッパの愛車とMHフラッグ

キャバリタビッグバン

チッパフラッグ

大会会場

大会会場

大会会場

大会会場

ヒート表

ヒート表

すばらしいメンツです。

ゴールドコーストからもトップライダーが参戦し、毎年毎年大きくなっている印象があります。

マットも参戦!

MH

DIAMOND LAMINATING CARBON FLEXでバシバシ攻めてました。

MH

チッパも同じヒートで。見応えありです。

チッパウィルソン

すごいサーフィンを見ました。

この小波でも十分伝わるチッパの想像できない動きです。

MHとチッパと挨拶して、帰りました。

次の日

DAY2

DAY2

チッパは自分の主催の大会なので、クォーターで負け。

MHライダーHAYDEN CERVIが勝ち上がってました。

キャバリタビッグバン

2日目は少しサイズあったので、キャバリタのメインビーチで。

キャバリタビッグバン

キャバリタビッグバン

チッパが撮ったマット

マット

チッパのママが撮った3人ショット。グッドメモリーです。

チッパとマット

地元の大会の枠には収まりきらないイベントに成長し、人もたくさん集まってました。

とても良い雰囲気で行われていましたよ!

Matt Hurworth

Matt Hurworth(マットハーワース)は20年以上前にシャドウシェイパーとしてシェイプをスタートした。

数年後、オーストラリアのサーフボード工場老舗のShaping Co にて自分のオリジナルデザインをシェイプし始めた。すぐに頭角を表し、メインシェイパーとなった。

2004年頃から本格的にChippa Wilson(チッパウィルソン)の使用するボードのシェイプを始め、チッパはマットのボードにのめり込むことになる。

元々コンペティターだったマットは、ハイパフォーマンスボードのイメージを強く持っていた。

パフォーマンスの強いボードがフリーサーファーであるチッパのサーフィンをもう一段階ステップアップさせた。

チッパのフリーサーフィンの自由度を残しつつ、ドライブのパフォーマンス性を高めたサーフボードが次々とヒットした。

マニューバーが次から次へと進化する現代サーフィンにおいて、パフォーマンスのマットとフリーのチッパからオリジナリティ溢れる最先端のサーフボードが作られる。

2012年、マットは独立し、メインライダーにチッパを迎え、MH SURFBOARDSにてさらに進化したサーフボードをシェイプし続けている。